ビジネス本の「コミカライズ」が出版業界の常識になった理由

表紙で微笑む女性キャラ
近年の出版界では「ビジネス書のコミカライズ」が大きな注目を集めています。古典的な名作から、最新のヒット作まで、コミカライズはそれ自体、もはやひとつのジャンルとして定着し、現在では「ビジネスコミック」という分野名まで獲得するようになりました。

しかしそれらの書籍を見て、気がつくことはないでしょうか? そう、どの本もみんな、表紙が「女性」なのです。ある本では明るく元気に、ある本では思慮深そうに、女性キャラクターたちが微笑みかけてくれているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です